【モンベル】「ジオライン」と「スーパーメリノウール」の違いや4シーズン着た感想など

どうも、山登りはしないですがモンベルのインナーを愛用している めもざきです。

「ジオライン」と「スーパーメリノウール」を購入した理由

寒い時期の魚釣りを暖かく快適にしたかったからです。

<経緯>
釣りをしている知人と「冬場の釣りは冷えて辛い」って言う他愛もない話をしていた時に、「上着とかもしっかり着ていて冷えるんやったら汗冷えちゃうかな?それやったら、モンベルのインナーが良かったで。」とオススメしてくれました。

さらに

動く釣り(汗をかきやすい)なら「ジオライン」

あまり動かない釣り(あまり汗をかかない)なら「スーパーメリノウール」

とアドバイスもしてもらいました。

でも、、、

ジギングだったら動くし

ワカサギ釣りならあまり動かないし

バス釣りなら適度に動くし

秋の冷える早朝のエギングでも着てみたいし

めっちゃ迷った結果、結局は自分に合うかどうかは着てみないとわからないし、実際どう違うのか比べてみたかったので「ジオライン」と「スーパーメリノウール」を奮発して両方買いました!

私は寒がりなので一番厚手のタイプ、少しでも首回りが覆われている方が暖かいと思い、どちらもハイネックのEXP.(厚手)を選びました。

「ジオライン」と「スーパーメリノウール」の違い

ジオラインは化学繊維で速乾性に優れる、スーパーメリノウールは天然繊維で発熱性、保温性に優れるところが主な違いです。

「ジオライン」
化学繊維

・保温
速乾
・制菌、防臭
→運動量が多く汗をかきやすい状況向き
→速乾性が優れているので汗冷えに対策に
「スーパーメリノウール」
・(中厚手)天然繊維
・(薄手と厚手の場合)は天然繊維と少量の化学繊維

発熱
・保温
・防臭
→運動量が少なく汗をあまりかかない状況向き
→単純な暖かさの面で優れている

4シーズン使用しての感想

着用していたのは

「ジオラインEXP.ハイネックシャツ」

「スーパーメリノウールEXP.ハイネックシャツ」

の2種類です。
(この4年間で結構痩せてしまったので次買い替える時はMサイズかな)

<使用頻度>
秋から冬にかけてどちらも週に2~3回程度の頻度で4シーズン普段着や部屋着、パジャマのインナーとして使用していました。

【良いところ】

・肌の表面が快適に保たれる

・汗冷えしにくい(ジオライン)

・汗をかいた時に生地が体にベタっと張り付く感じが無い(特にジオライン)

・汗臭さが軽減される

・薄い割に暖かい(特にスーパーメリノウール)

・裾や袖口、首まわり等、擦れやすい所でも、ホツレや破れがほぼ無く耐久性がある(4シーズン使った今でも)

・ハイネックタイプなので首の根元あたりがスースーしない

【良くないところ】

・ちょっと価格がお高い(特にスーパーメリノウール)

・2シーズン目あたりから毛玉が出来てくるようになった(どちらのタイプも)
洗濯ネットには入れていましたが、洗濯が少し雑だったのかも、、、


私だけかもしれませんが注意点
冬の上着などで良くあるマジックテープ部分にくっつけてしまったりスラしてしまうと毛羽立って生地が傷んでしまうので注意。まあ、当然ですよね、、、


<普段着として着るようになった経緯>

当初は、冬の釣り用に購入したのですが結局冬の釣りはほとんど行かなくなってしまい、数回使用した程度です。

冬場の釣行で使用した感想は、汗をかいても汗冷えしにくいので温かみが失われにくくて、ベタついた感じがほとんどなく肌の表面が快適に保たれている実感がありました。

これだけ快適なら、あまり行かない釣りだけに着るのはもったいなさすぎるので普段着やパジャマのインナーとして着る事にしました。


<最後に>

釣りだけでなく、普段着や部屋着、パジャマのインナーとして着てもかなり快適でとても気に入っています。

登山はもちろん、釣り、ウィンタースポーツ、普段着にも幅広く活躍してくれますね。

それなりに高かったですがアンダーウェア(インナー)の重要性を実感させてくれた、買って良かったと思える商品です。

厚手タイプしか持っていないので、春や夏でも着られそうな薄手や中厚手のジオラインが気になりますね~

コメント